“My”ではなく”A””The”と捉えてみたら?

2024-04-04

相手を否定はしていないんだけど、相手への自身の対応にネガティブフィーリングが含まれている場合ってある。

それもいいんじゃない? (…ってそんなにいいとは思っていないけど)

当たり障りのない返しをしている時、実はその隠れたネガティブエネルギーって伝わる。
やんわりな言い方、日本人は直接的な言い方を避ける。そこには色々な思いが入っているんだけど、ぼやかしてる。

これって「私だったらこうする」的な、私の!という考え方をベースにしていると起きる気がする。

私の!私が!って、何でこういう思いが出てくるんだろ?認められたいとか好かれたいとか、やっぱり承認欲求とか特別でいたいとかっていうプライドから来ているんだろうな。

そう考えると、私の!が混じっているとネガティブを生みやすい気がする。

そこで、”My”ではなく”A””The”と捉えてみたらどうだろう。

これはホーキンズ博士のletting goに書いてあったんだけど、そう捉えると自分の意見に没入する意味がなくなる。

そこに生まれる変なプライドがなければ攻撃性もなくなり自由に意見を変えることができる。「自分の」意見に固執せず客観視してみることができる

自分の意見にこだわらずにただの一意見としてみておけば、こっちの方がいいとかこれと融合すればいいとか柔軟に変えることができる

“My”ではなく”A””The”と捉えてみると、どうやらネガティブの手放しが起きやすいみたいだ♬

今日の夫のつぶやきでした。

このコラムを一緒に作っている時、「夫:ここつながりが分かりにくいかな」「私:あなたが話したそのままを書いたのよ」「夫:あれそうだっけ」というような会話があったんだけど。
これまさに2人とも「私の!」っていう思いが入っちゃってた。本当に些細なことで些細な時に「私、私」ってなってるんだなぁ^^;
(妻のつぶやき)


カテゴリー : コラム
タグ : 
作成者 : etovalite

・直感力のある男性の感性や感覚って?

こちらは管理人と夫との対話、彼が感じていることをシェアしていくコラムにリニュー...

・休暇を取ることに罪悪感を持たない!(ソフィアさん)

組織で働いてると長期休暇が取りづらいと思っていた。 休みを取ることで、みんなに...

・自分らしく働いて笑顔になれるスケジュール管理術 その④~執着を捨てて、やらないことを決める~(門屋綾さん)

『この地上で過ごせる時間には限りがあります。本当に大事なことを本当に一生懸命でき...

・自分らしく働いて笑顔になれるスケジュール管理術その②~脳のメカニズムを利用した集中力アップ術~(門屋綾さん)

前回は、スケジュール管理を円滑にするための「正しい考え方」をご紹介しました(内容...

・見せかけのポジティブは麻薬のようだ

今日読んだところ(※)に書いてあった言葉を受け入れられずに抵抗している。 ...