ヒーリングサロンセラピスト兼介護士育成講師 藤田めぐみさん vol.4

2018-11-14

● 後輩女性達へのメッセージを、悩んでいた時のご自分に対してでもいいですし、お願いします。

藤田:世の中捨てたもんじゃないよ、ですね。

大平:おぉ~。ちなみに悩んでいた時は世の中捨てたいと思ったこともありましたか?

藤田:すごく不思議な感覚だけど、介護のお仕事をしていて生きるということが凄くそれだけで幸せで毎日生きることにチャレンジできることなんだと気づいた。それをクライアントさん達に伝えていた。高齢者の方で罪悪感を持っていたり、体が不自由で動かないことに関して色々思われていることに、そうじゃないよということを伝えたかったし。苦しみの中にも光があるということを伝えることに使命感を持ってやっていた。ある時期から色々な思いが生まれ、それに疑問を感じ、悶々としていた時があった。そんなころ結婚適齢期だったり、後輩が入ってきて彼女達が産休育休となる中で、自分自身のことを思うと、どこかで自分の人生について「こんなもんだ」とか諦めや決めつけがあった。その中で人には人生について伝えながら、自分は私の人生今終わってもいいなと思っていた。別に悲しむ人もいないしと。今世は誰かに巡り合えるような生き方をしていないし、徳を積んでいこうととにかく気づいた事は行動していた時期もあった。多分自分の人生をおざなりにしていた。その頃コーチングに出会い、そうじゃないということに気づき、今もチャレンジしている最中

大平:よかったですね!世の適齢期とか関係ないですもんね、ご自分の人生だから。

● 今後どういうふうにしていきたいですか?未来の展望は?

藤田:自分の生活が仕事になっていくというか、自給自足というか。あまり誰かのようにと例えるのは好きじゃないけど、ベニシアさんとかターシャさんとか。自分の生活を大事にしてそれが仕事になっていくことを目指していきたい。

大平:例えば、畑をやったりとか?

藤田:何もかも自分がというより、知り合いの農家さんが自然栽培をされている方も沢山いらっしゃるので、そういう方と一緒に。その辺りはまだ結論は出ていないけど、古民家と都会に拠点を各々持ちながらやっていきたい

大平:いいですね。多くの方が、都会の利便性などを感じつつ郊外での癒しも求めていたり、違うところで暮らしてみたいと思ったりしていると思うし、提供されると嬉しいですね。

藤田:暮らしの中に泊まりにくるみたいな。感覚的な話だけど、病気の時にシーンとしている中で1人寝ていると落ち着かないけど、以前友達が来てくれて洗い物とかしてくれて生活音があると安心する感覚があって、そういう感じ。現実とかけ離れるわけではなく、生活の中で癒されるというか

大平:おぉぉー、1人でお住まいの方の希望に感じます。めぐみさんのところに行って、家族と一緒にいるような感覚。癒しとか安らぎを感じながら。ぬくもりを感じるし。社会のニーズがある気がします、今1人の方が多いし。めぐみさんのパートナーもできるだろうし。いい感じです、生きていることを提供している感じ

藤田:嬉しいです。サロンをシェアハウスにして、別にヒーリングを受けなくてもいいし、ホテル代わりに使ってくれて構わないよというようにもしたい。古民家もそう。今お話していて思ったけど、いい関係の家族って感じ。実家に帰る心地よさのような。お話を望む方にはお話し相手になるし。

大平:選べる自由がありますね。

藤田:ホテルは関わりがないのが心地いいというところあるじゃないですか、そのどっちもあるような。私自身もお客さんに合わせるわけではなく、好きなように。決まりごとだけ決めておけば。食事も希望があれば出すし、ご自分で作りたければご自由に、食べてくるならそれでいいし。予約頂いた時に、私の仕事が入っていれば希望されても作れないよという。自分をぶらさずに、無理せずに

大平:おぉぉー、私も私の仲間と共にリトリートに利用したいです!

・インタビューを終えて

前職の介護職を凄く誠実に取り組まれて、悩みながらもその中からご自分の人生や今のお仕事を見出されためぐみさん。
目の前にあることを「今ここ」で真摯に向き合い素直に感じたことに従って行動を続けてこられた今、すごく自然な感じの佇まいだなぁと思い嬉しくなりました。
相手も自分も大事にしつつご自分のペースを保ちながら、いくつものお仕事をされていたり今後拠点も複数持たれることも視野に入れておられたり、これからの働く女性にこんな生き方もあるんだよというモデルをみせてくれる存在だなと思いました。
手作りの芋ようかんをおやつに出して頂いたんですが、とても美味しく優しいぬくもりを感じる味でした。ご自身でも講師としても「よくあるレシピに縛られることなく、ご自分の好みに沿ってカスタマイズしてもっと気軽に楽しもう!」をコンセプトにされているそうです。
彼女が提供しているもの、彼女の仕事=生活=生き方全てが、そのコンセプトに表れているなぁと思いました。
Faveurさんに来られるお客様が、いい距離感の家族と共にいるような、ぬくもりや懐かしさを感じ、癒されていかれるんだろうなぁ。めぐみさん、ありがとうございました!

藤田めぐみさん
ヒーリングサロンセラピスト兼介護士育成講師
愛知県稲沢市出身、名古屋市在住。
Instagram:megumi_meguru666


カテゴリー : インタビュー
タグ : 
作成者 : etoile01

・化粧品販売マネージャー 加来薦子さん vol.3

● 「スタッフがうちの会社の主役!」と社長が語る会社とは? 大平:皆さん女性の...

・Jeanne(ジャンヌ)について

ありのままの自分を認め、さらに自分をブラッシュアップしている。 素直に...

・ネイルサロンオーナー兼ネイリスト 面高さおりさん vol.3

● 趣味も自由に楽しめる時間がある今 大平:今は1日の中で自由な時間はあります...

・化粧品販売マネージャー 加来薦子さん vol.2

● マネージャーとして、逆にそれが強み!? 大平:マネージャーとしては何年にな...

・化粧品販売マネージャー 加来薦子さん vol.5

● これからの夢は「人間本部長」になること?! 大平:今後のことについて。後ど...