ネイルサロンオーナー兼ネイリスト 面高さおりさん vol.4

2018-06-26

● 心配性から生まれるもの

大平:今後サロンとしてこういうふうに変えていきたいというのはありますか?

面高:悩み中なんですよね。このままいった方がいいのか、何か変えていった方がいいのか。心配性なのでただ思っているだけなんですけど。

大平:例えば、変えるならどの部分を変えていこうと思われるんですか?

面高:どう変えていくかというのも考えていて。ただこのままずーっと同じより、何かもっとよくなる方法はあるのかなと思って。今には満足しているけど、もっとよくなるかなと思って。

大平:他のサロンを見てそう思ったわけでも、お客様から何か言われたわけでもなく?

面高:勝手に自分で思っているだけです。何かちょっと変えたら便利になるとか、ガラっと変えたいわけではなくて。

大平:なるほど。ブログで空き時間の掲載の仕方を変えたと書いてありましたし、机の向きやインテリアが少し変わったこともありましたが、そんな感じですか?

面高:そうです。

大平:お客様からこうしたらどうみたいなご提案はありますか?

面高:たまにありますね。そうすると変えてみたり。ずっと同じやり方だと心配なんですよね。

大平:へぇ~!割と変化を望んでいる方なんですかね?

面高:そうですね。同じことをただただずっとされている方は偉いなと思います。

● 起業は意外と大変じゃないよ

大平:これから何かを始めようと思っている後輩女子に向けてメッセージはありますか?

面高:意外と大変じゃないよ、と。

大平:おぉ~。会社員を辞められた時はスパっと辞められたわけではないですよね?

面高:結構悩みましたね。

大平:結構悩んでいた時のご自分には何て声をかけてあげたいですか?

面高:悩んでいた時間も無駄じゃないんですよね。そこまで悩んだから、後悔がないというか。なので、そのままでいいんじゃないですかね、悩んだままで。

大平:ちなみにどの位悩んでいたんですか?

面高:辞める辞めないは多分2,3年は悩んでいましたね。本とか読んだりして、今の環境のまま努力していった方がいいのか、何が足りないのか分からなくて悩んでいましたね。自分が求めているものが分からなかったんですよね、何がしたいのか。その時考えたことって無駄じゃないから、そのまま悩めばいいんじゃないかな

大平:悩めるだけ悩んだらいいよと思うのか、3年位悩んでいたけど1年位でよかったかもと思うのか?

面高:タイミングにも寄りますよね。最終的にお給料の件で動けました。

大平:最初に悩み始めたきっかけは何だったんですか?

面高:自分が担当していたブライダル写真の依頼件数が減ってきたことですね。確実に売り上げは減ってきているし、このまま維持できるのかなって。

大平:今の会社に漠然と不安を抱えているとか悩んでいる人にとっては、独立も1つの道として参考になりますよね。

面高:最初は不安もありましたけど、まぁやってみようと思って。

大平:1歩が踏み出せない方は「とりあえずやってみよう」と思わないのかもしれないですよね。

面高:ネイルは準備していたから、せっかく始めたものだし、まぁやってみようと思って。私はやる気満々で何でもできる!という感じではないんですよね。

大平:色々考えたり、準備した上での「まぁやってみよう」ですよね。変わっていかれる人は張り切り屋さんじゃなくても最低限のエネルギーはあると思うんですよね。

面高:満載じゃなくてもいいけど、エネルギーない人は無理ですよね。起業どころか、転職すらできない人は沢山いますよね。すごくつらいのに続けている人もいますしね。変わるのが面倒くさいといいながら、ずっと続けているわけですもんね。すごいなと思います。

大平:周りの人の影響なども大きいと思いますね。本当はやりたいのに我慢している人も凄く多いと思いますね。違う道もあるのにね。ネイルだって青色つけたって言い訳だし。(※この時大平は夏ということで青色のネイルを施術して頂きました) 固定概念に縛られちゃうこともあると思うんですよね。

面高:選べばいいですもんね。人生短いですもんね。

大平:本当に(笑) 仰る通りですねぇ。

インタビューを終えて

先々の「心配」をしていてそこから行動につながっていった面高さん。
心配になり、その都度真剣にしっかり悩み抜くことで、「とりあえずやってみよう!」と行動していった結果、相手も自分も幸せにできるネイルサロンが生まれたんですよね。
起業していく女性って最初から「これになりたいっ!」と明確な意思がいきなり生まれて活動を始めるケースって実は意外に少ないんじゃないかと思います。
面高さんのように環境の変化で現状に疑問を抱いたことがきっかけで起業を考えられる人の方が多いのではないでしょうか。
大きな違いはそこで「失敗したらまたやり直せばいいし、一歩踏み出してみよう!」と動けるか、考えているだけで結局動かないか、ですよね。
面高さんには凄くいい意味での力の抜け感があるなと思いました。お客様のことだけを考えて自己犠牲してしまうような、無理な発想ではなく、相手も自分も幸せに豊かになれるというアサーティブな考え方がとても素敵で、大平自身の活動にも照らし合わせてとても共感しました。
「相手も自分も幸せに」というハッピーハートの元に、日頃からご自身の技術のクオリティも維持され、お客様目線で細やかなサービスを常に研究されていて、だからこそ多くの女性に支持されているんだなと納得しました。
大平はその昔「ジェルネイルを続けると爪が痛むのか?」というよくある疑問を面高さんに尋ねましたが、早速明確に説明して下さり、実際の高い技術と相まり、とても安心した覚えがあります。
面高さん、ありがとうございました!岐阜市のネイルサロン「ハッピーハート」さん、爪を大事にしつつ綺麗を保ちたい方にとてもお薦めですよ。

面高さおり(おもだかさおり)さん
ネイルサロン ハッピーハート オーナー兼ネイリスト
岐阜県岐阜市出身、在住
http://gifushinailsalonhappyheart.web.fc2.com/


カテゴリー : インタビュー
タグ : 
作成者 : etoile01

・化粧品販売マネージャー 加来薦子さん vol.5

● これからの夢は「人間本部長」になること?! 大平:今後のことについて。後ど...

・ヒーリングサロンセラピスト兼介護士育成講師 藤田めぐみさん vol.1

藤田めぐみさん ヒーリングサロンセラピスト兼介護士育成講師 愛知県稲沢市出身...

・化粧品販売マネージャー 加来薦子さん vol.1

加来薦子(かくのぶこ)さん 株式会社ハウスオブローゼ シニアマネージャー 熊...

・化粧品販売マネージャー 加来薦子さん vol.2

● マネージャーとして、逆にそれが強み!? 大平:マネージャーとしては何年にな...

・ネイルサロンオーナー兼ネイリスト 面高さおりさん vol.3

● 趣味も自由に楽しめる時間がある今 大平:今は1日の中で自由な時間はあります...