ネイルサロンオーナー兼ネイリスト 面高さおりさん vol.1

2018-06-30

面高さおり(おもだかさおり)さん

ネイルサロン ハッピーハート オーナー兼ネイリスト 
岐阜県岐阜市出身、在住
http://gifushinailsalonhappyheart.web.fc2.com/

ハッピーハートさんは高品質低価格がウリの、岐阜市のネイルサロンです。
1日2,3人限定で、1人にじっくり向き合ってもらえる安心空間です。

大平のネイル歴は程々に長く、ジェルが流行る前のマニキュア時代から、サロンには通っていました。
PC作業など毎日仕事をしながら自分の手元を見てテンションを上げられるなんてネイルは最高の自己投資だわ、とOL時代からよく思っていましたね(笑)

面高さんと大平は、2013年にサロンに通い始めてからのおつきあいです。
近所にサロンができて、前から気になっていて、思いきって扉を開いた感じです。

1対1で施術して頂く時に、面高さんは本当に「話させ上手」な方で、思わず色々な話をしたくなる素敵な方だなといつも思います。
ネイルの知識ももちろんで前職はカメラマンをされていたとのことで、職人な面高さんがどのように今のお仕事に辿り着いて、日々何を思って生きておられるのか、前からとても興味津津でした。

● 岐阜はちょうどいい!

大平:私そういえば本名存知あげないんですよね(笑)

面高:そういえば(笑)私、面高っていう少し変わった名前なんですよ。

大平:岐阜ではあまり聞いたことがない苗字だ~!

面高:父親が鹿児島出身なんですよね。

大平:へぇ~!面高さんはずっと岐阜にお住まいなんですか?

面高:そうです、生まれも育ちも岐阜で、一度も岐阜から出たことはないです。

大平:岐阜から出ようと思ったこともない

面高:ないですね、考えたこともないです。

大平:そうなんですね、岐阜に満足されているんですねぇ。もうちょっと都会に出たいとかそういうのもなく?

面高:ないですねぇ、岐阜はちょうどいいですね。

大平:そうなんですね~!!

● 転職を重ねて行きついた先が「ネイリスト」だった

大平:ずっとネイリストですか?前職は確かカメラマンとお聴きしたような…。

面高:そう私凄く転職していて、一番最初は子供服の販売をやっていたんですよね。

大平:そうなんですか。

面高:しかもそれ正社員じゃなくて、何かふらふらしていたんですよね。まだ車の免許も持っていなくて。

大平:岐阜で車の免許持っていないと移動が少し大変ですよねぇ(笑)

面高:色々ややこしいんですけど、私、高卒なんですけど、進学するつもりでいたんですよね。進学クラスにいたので就活もしていなくて。高3のギリギリの頃に母が進学させるのはちょっと無理と言いだして。どうしよう…となり、適当にあった仕事に就いた感じで。車の免許もないと営業にも行けないし、とりあえず免許取って、知り合いのところの事務に行った感じ。3年位やって仕事変わろうと思って。事務員が1人で凄く孤独だったのもあり。窓もない部屋で(笑) そして辞めて、今度は人と出会う仕事をしようと思い、今度は教材の営業をやった。やったんだけど途中で支社がつぶれてしまい…。それで最終的に写真館に入ったんです。

大平:へぇ~!!写真館では最初事務だったんですか?

面高:写真館ではプリント技師というプロが撮った写真をプリントする仕事をしていたんです、面白そうと思って。それを何年かやった。そのうちに人が辞めたりしてカメラマンが足りないとなり、やってみたい!と思って。そう言ったら「いいよ」ということで、会社で教えてもらってデビューしたんです。

大平:へぇ~!ついてますね~!!

面高:そうなんです。目指して目指してって感じではないんです。

大平:それでカメラマンは何年位されたんですか?

面高:実際10何年いたんですけど、3年位はやっていると思う。

大平:何で辞められたんですか?

面高:私が辞める少し前の頃、子供の人数が減ってきてブライダルや学校関係の仕事数が低迷してきたんですよね。昔なら写真を1組8枚撮りますというところを2枚でいいです、みたいな。集合写真1枚ともう1枚でいいよ、となると業績が落ちてくる。それで大丈夫なんだろうかと思うようになった。なので、転職するしないに関わらず手に職をつけて置いた方がいいかな、役に立つかなと思い、ネイルを勉強し始めたんです。別に起業しようとか思っていなくて、覚えておいたら役に立つかな位。そのうち、会社の経営方針が変わって、結婚式場をいくつか辞めますとなった。そうすると人もいらなくなるし、どうなるんだろうと思っていたら、お給料が凄く下がった。このままやるか、自分でやるか、どうしよう?というときに、何とか(自分で)いけないかなと思ったんです。

大平:おぉぉ~!!

面高:このままいって会社どうなるんだろうと心配になって。こんなふうに変わっていくとなると。だから、まぁ1回やってみようと思って、こちらの道に進んでみたんですよ。

大平:へぇ!!その時にはネイリストとしてやれる技術はもう習得されていたんですか?

面高:検定2級まで取っていたんですよね。やってダメではない、資格が必須なわけではないので。ただ自分が安心という。なので勉強しながらオープンしたんですよ。

大平:そうなんですね。その時に他のネイルサロンにお勤めしようとは思わなかったんですか?

面高:思わなかったんですよねぇ。なんだろう、1人でやろうと思っていたんですよね。

大平:最初の転職はあまりにも孤独すぎて、と仰っていましたが(笑) 写真館にお勤めの時に人間関係に疲れたとか、そういう訳でもないんですよね?

面高:人間関係ではないですね、会社の行く末が心配になっただけで。

大平:ネイルを習っている時に周りの方がサロン開こうとしている方が多かったとか?

面高:教えてもらった方が自宅サロンを開いている方だったので。多分、仕事辞める辞めないの時に、自分の努力とは関係なくいきなり変化が起きるんだと思って。起業がダメだったら、また働けばいいやと思って。それでやってみた。何か起きたわけでもなく。

大平:おぉ、流れに乗っていていい感じですね~!

vol.2に続く


カテゴリー : インタビュー
タグ : 
作成者 : etoile01

・化粧品販売マネージャー 加来薦子さん vol.1

加来薦子(かくのぶこ)さん 株式会社ハウスオブローゼ シニアマネージャー 熊...

・ネイルサロンオーナー兼ネイリスト 面高さおりさん vol.3

● 趣味も自由に楽しめる時間がある今 大平:今は1日の中で自由な時間はあります...

・ヘアスタイリスト兼メイキャッパー 渡邊亜希さん vol.2

● クリエイティビティとお客様目線は両立できる! 大平:美容師さんって凄く労働...

・化粧品販売マネージャー 加来薦子さん vol.3

● 「スタッフがうちの会社の主役!」と社長が語る会社とは? 大平:皆さん女性の...

・ヒーリングサロンセラピスト兼介護士育成講師 藤田めぐみさん vol.3

● お仕事されている中でこれが大変!とか、困難に感じていることはありますか? ...